催眠と洗脳が大好き

アニメ作品などのレイプ目(虚ろ目)コラ画像を収拾し、催眠・洗脳シチュエーションをイメージした文章と共に掲載。

チアリーダーの笑顔と躍動感が好き。
レイプ目でどこかマネキンじみたな笑顔、胸がバインバインと揺れる感じが・・・。続きを読む

天才科学者ってそんな装置もすぐに発明しそうなイメージだけど、それはフィクション。
お嬢様が天然で巨乳と同じくらいのフィクション・・・・。
続きを読む

上からだとレイプ目とオッパイの谷間が両方拝めて2倍お得。
下からだと下乳が見えて、横からだと横乳が・・・以下エンドレス。>えー

続きを読む

どんな表情バリエーションが好きかと問われると悩む所。

虚ろでボーッとした表情。
ロボットのように瞬きすらしない、無表情。
命令されて、どこか無理につくった不自然な笑顔。
媚び媚びで、淫乱なエロい表情。

色々とバリエーションがあって、全部好き・・・。
強いて言うならレイプ目の女の子・・・。>えー

続きを読む

女捜査官は天然お嬢様とか、生意気ロリとかバリエーションは認めるが、洗脳堕ちを考えるとやはり色気のある高学歴エロ微熟女がジャスティス。続きを読む

世界を救うと信じていた組織が実は悪い人たち。
騙された少女達は、気付いた時には調教済み・・・。

記憶を消されて、色々とされてるに違いない・・・そう信じてる。>えー
続きを読む

新体操部ってフィクションじゃなくて、実在する・・・の?マジで・・・?
という事は、例の法律で親御さんたちが撮影した映像はこれから法律で規制されるって事・・・ですよね?>えー続きを読む

水着ってなんでこうもエロいのか・・・?
下着と違って隠す物ではないのに、下着よりもエロいときがある。

その理由を調べて、誰か学会で研究論文でも出さないかな・・・。>えー

続きを読む

謎のアプリを手に入れたり、不思議能力を誰かに与えられて、他人を操れる様になる御都合主義作品は多いが、短編だと特に裏がなく、神様からのプレゼント系なのが残念。

やはり、洗脳アプリや能力が安価で手に入るなんてありえないので、与えた側の思惑や陰謀、与えられた側が下克上しつつエロ寝取り展開などが欲しいところ。

続きを読む

現実と時間の流れが違う加速世界は拷問や快楽責めによる洗脳にうってつけの仮想空間。
一瞬で寝取りを完遂させて、バカップルを引き裂く展開など楽しめそう。

恋人に熱い眼差しを向けていた少女は一瞬の間に豹変。
先程まで最愛だった男を侮蔑し、近くに居たキモデブに媚びた表情で抱きつく・・・

続きを読む

攻略対象が多いとき、一気に即堕ちか、順番に堕としていくのを楽しむべきか?

個人的には、まずモブハーレムで適当に抜く。
その後はメインヒロインを順番に堕としたり、仲間同士で洗脳させあったり、他のメンバーの前で堕ちる姿を見せ付けたり、ゆっくりと楽しみたい派。

続きを読む

目を閉じているジト目キャラは数あれど、常時目を見開いているキャラってタマお姉ちゃんくらいしか思いつかない。
虚ろ目にはぴったりのキャラだが、ドライアイになりやすそう。

続きを読む

軽い催眠をかけて、自分自身で洗脳計画を考えさせ、録音した自分の声で洗脳暗示を施させる・・・。
一番自分の事を理解しているので、かなり効率的に洗脳できそうな上に、快楽に身もだえる姿を見ながら視姦して楽しめそうだ・・・。

続きを読む

命の宿った人形・・・いける。
自我の芽生えたロボット・・・いける。
獣人・・・いける。
人間をアンドロイド化・・・いける。
蘇生した死体・・・ダメ。

死体としたいなんて、病気だね。>えー

続きを読む

頭部に機械がついて、虚ろな表情だと大体洗脳装置に見えてしまう。
さらに目を強引に見開かせていると、催眠光線を照射しているようで・・・たまりません。

続きを読む

日本人は清楚なヒロインが大好きなイメージですが、見てる分にはビッチでも十分に実用性があると思います。
むしろ普段の服がエロいビッチの写真の方が実用性は高い・・・よ・・・ね?

続きを読む

神様という存在は世界が思いのままになって洗脳好きには一番ありがたいポジション・・・。
でも、欲しいのは操る力だけだから、世界とかどうこうする力って不要なんだよなぁ。>えー

続きを読む

異世界と人間界が繋がると怪物が攻めてくる・・・映画が多いが、異種族美少女が出てくる可能性も否めないわけで・・・。
間を取って、上半身人間で下半身異形ぐらいならイケると思います。>何が?

続きを読む

血みどろのグロ描写は受け付けないものの、非日常感や壊れた狂気感がアヘ顔や虚ろ目に通じており、エロスを高める要素としては大切だという認識。
まぁ、だからといって可愛い女の子が死んで喜ぶ男なんていないのでモブでも美少女を殺すのはやめて、男だけバンバン殺して欲しい。続きを読む

↑このページのトップヘ