催眠と洗脳が大好き

アニメ作品などのレイプ目(虚ろ目)コラ画像を収拾し、催眠・洗脳シチュエーションをイメージした文章と共に掲載。

ツンデレはキャラ設定のせいか大体怒った感じの表情が多いので笑顔とかもっと増やして欲しい。

男だったら、常時不機嫌そうな表情で殴ってくるDVキャラだぜ。
それで好かれようとか狂気の沙汰すぎる。

ほんと男って・・・。
続きを読む

姫様のイッチャッてる笑顔とか・・・いいよね。
巨乳だけでもエロイのに、さらに焦点のあってなさそうな眼とか・・・最高。
続きを読む

爆乳という設定って、字面からしてエロ担当。
むしろ爆乳キャラで揺れない、肌の露出ゼロ、ラッキースケベなし、とかだったら健全すぎて演出家の常識を疑うわ。

続きを読む

エプロン姿は体のラインをほとんど隠す上に、デザイン面でも似たり寄ったりなせいか、これまで個人的に琴線には響いた事がない。
スケていたり、上下左右乳を強調するデザインならあるいは・・・?
続きを読む

チアガール・・・、最近はチアリーダーだが、ミニスカ姿で公然と開脚とかあれこそ規制されそうな気がする。
いや、アンスコとか履いて健全とか言っているけど、激しいダンスに揺れる乳とかスカートの中身が丸見えって・・・グレーゾーンというか黒でしょ。
続きを読む

淫靡に艶めく肌と、全裸よりエロいスケスケランジェリー。
サキュバスを洗脳すると、普通の人間だと搾りとられてすぐに死にそうだが・・・これだけエロいと搾り取られたい。

続きを読む

最近は大量生産のせいか、似た設定、盛り上がらない作品が多くて残念。
数を絞って演出などに力を入れればそれなりに盛り上がる気がするが・・・?

続きを読む

母親の妹が年下・・・。
母親の妹も伯母さんと言われて嫌だろうが、一番嫌なのは祖母が自分より後に妊娠したと知った母親じゃあなかろうか。続きを読む

両親が居ない家、美少女が突然同居、しかも恋愛フラグビンビン・・・よくある作品設定。
現実にありえないとまではいえないが・・・天文学的確立すぎて、フィクション以外であったらアラブの石油王に生まれる以上のラッキーだろ。>えー

続きを読む

古代文明の超科学な遺産ってロマンがあるが、未知の敵と戦うフラグになりかねないのでノーサンキュー。
虚ろ目ハーレムが欲しいだけなら薬と洗脳装置で十分。続きを読む

そういえばインターネットを閲覧できる環境が周囲に整ってきたのはこの作品の頃だった。
あれさえなければ道を踏み外す事はなかったのに・・・。>えー

続きを読む

10年以上たっても、知名度だけで喰っていけるって・・・。
ハーレムラブコメは当たるとでかい事を認識させられる。

ストーリーとか内容がないから楽そうとか思われがちだが、引き伸ばしながら人気を保つのはかなり苦心しそう。>えー続きを読む

女子の着替えをこっそりと盗み見て興奮するなんて変態のする事。
洗脳や暗示によって、男の入室を意識せずに無防備に着替えを続ける美少女をじっくりと間近で視姦するのが紳士。>えー

続きを読む

吸血鬼は精神支配を受け付けない・・・そんな設定はロマンがない。
従者のヴァンパイア・ブライドと共に洗脳。

貧と巨を両方楽しむべし。続きを読む

昔は回によってキャラクター作画が別物だった・・・。
最近ではあまりないが、アレはアレで作画崩壊と違って味があり、嬉しい反面少し寂しくもある。
続きを読む

洗脳したらしたいことランキング当社調べ第1位・・・隷属の宣誓を連呼させる。
無表情だったり、媚びた感じだったり、絶頂寸前のエロエロにとろけた感じだったり、洗脳といえばコレという代名詞。

同じキャラでも色々なシチュエーションで試してみたい。続きを読む

魔法を持つ存在が悪人だったら・・・。
魔法少女にするだけじゃなくて、もちろんやっちゃうよねぇ~。

続きを読む

仰ぎと俯瞰。
どちらのアングルが良いか?

棒立ち少女の肢体を仰ぎ眺めるのもいいし、上目遣いの表情を見下ろすのも良い。
上乳と下乳が同じくらい良いのと一緒だな・・・>えー

続きを読む

電脳世界や仮想空間が身近になると、現実世界で人間を洗脳するより従順なエロい仮想人格とヤリまくる方が手軽そう。
ただ、自分が生きて行く為に仮想世界に入り浸る事も出来ず、結局現実世界で人間を洗脳したいわぁ~・・・と戻ってくる所までがイメージできた。
続きを読む

姫様といえば最近のイメージはロリ貧乳。

金髪巨乳なんて需要が・・・・ありますね。
更にエロい感じだと文句なし。

続きを読む

スーパーの弁当は健康に悪そうだが、なぜか美味しく思えてしまう。
そりゃあ暴力沙汰を起こしても食べたくな・・・るかぁ~い。>えー続きを読む

チャイナドレスはパッツンパッツンな巨乳もいいが、華奢なロリも捨てがたい・・・。>結局どっちも大好き

続きを読む

↑このページのトップヘ